1/1

【中古】つかず離れずいい関係 和田秀樹 新講社

¥800 tax included

the last one

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥5,000 will be free.

Shipping fee is not included. More information.

人との距離が近すぎると、見なくてもいい相手の
「欠点」や「わがまま」「無理解」「無神経」などが見えてしまいます。
相手との距離を縮めすぎると、時として相手の心に踏み込むことにもなり、
相手には「うっとうしい」「大きなお世話だ」という気分を起こさせたりもします。

人と人との関係には「ほどよい距離」というものがあります。
相手を少し離れて見ることで、その人のいいところ、悪いところといった、
その人の全体が見えるものです。近すぎず、離れすぎず。
そういう距離こそが人間関係を良好にできて、
いい関係を持続させることができるのです。
「ほどよい距離」をとっていることで、「好き」「いい感じ」「いい人」でいられて、
「嫌い」「めんどうくさい」「いやな人」にならないのです。

本書では、「人とはちょっと離れてみる」発想をもつこと、
そうすることで「相手のことがよりよく見える」「いい関係が保てる」という、
人間関係がうまくいく「ほどよい距離」について、精神科医の和田秀樹先生が具体的に解説します。
この「ほどよい距離」のとり方は、親子間、夫婦間、
恋人同士、会社の同僚や上司、隣人など、「人とつきあう」あらゆる関係に通じています。

●一緒のときが長すぎると、わかり合えなくなる
●「近づきすぎる」と悪い感情が生まれる
●家族が「うっとうしくなるとき」はいつ?
●ほどよい距離感で、その人のよさが見えてくる
●「少し離れたい」という心のサインを見逃さない
●「離れること」と「傍観者になること」は違います
●寂しいから誰かにくっつくのですか?
●好きならその人を「見守る時間」を大切に!
●不満が「ふくらむ距離」と「消える距離」がある
●離れたほうが全体が見えて、「正しい判断」ができます
●「あなたはあなた、わたしはわたし」の人間関係がいい
●自分を豊かにする「孤独」な時間 (他)

◎本書は小社から出版された『誰かと「いい人間関係」をつくるには?』を改題し、再編集した新版です。

和田秀樹
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は精神科医。国際医療福祉大学心理学科教授。和田秀樹こころと体のクリニック院長。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中古の商品ですが日焼けや大きな痛みはなく、比較的きれいな状態を保っております。
現状渡しとなります。商品の性質上、返品はお受けしておりません。
あらかじめご了承をお願い致します。

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥800 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品